【第二弾】バレンタインにおすすめな映画-2017.02.14-

バレンタインに見たい!おすすめ映画

先日紹介した記事の第二弾です!

大切な人と観たい!バレンタインにおすすめな映画-2017.02.11-

2017.02.11

キャリアとオシャレとチョコレートがあれば恋なんていらない!?「恋は邪魔者」

「女に恋は必要ない!」そんな本を執筆し一躍、時の人となったバーバラとプレイボーイのキャッチャーの恋の行方は。物語の中で「女性はキャリアを邪魔する恋に落ちないようチョコレートを食べて禁欲しよう」と推奨されているため、板チョコを食べるシーンも盛り沢山なのでバレンタインにもぴったり。

占い師とマジシャンの恋の行方は!?「マジック・イン・ムーンライト」

不思議な能力を持つ女性占い師と、そのトリックを暴こうとするマジシャンの恋の駆け引きを描いたロマンチックコメディー。ファッションもとてもオシャレで、物語に引き込まれること、まちがいなし!ラブの要素だけでなく、タネや仕掛けを考えるのも面白いのでは。

きっとあなたも昔を思い出す!「潔く柔く」

幼馴染のハルタを交通事故で亡くし、新しい恋ができないカンナ。大人になり出版社に勤める赤沢禄と知り合い、はじめはぶつかってばかりだったが、禄の優しさを知り、少しづつ惹かれていく。いくえみ綾のコミックを実写化した、純愛ラブストーリー。 誰にでも一つはある、忘れられない昔の恋や思い出。いつまでも前に進めない人に観て欲しい、心が暖かくなる一本。

金なし夢なし彼女なし!そんな彼に訪れた「モテキ」

藤本幸世、31歳。金なし夢なし彼女なし。そんな派遣社員の草食系男子に、「モテキ」が到来。翻弄されっぷりの幸世に本当の恋はつかめるのか。仲里依紗・麻生久美子・長澤まさみなど個性的な豪華ヒロイン演じる女性陣も見どころ。女子力をあげたい人にも必見!

ラスト5分に大どんでん返し「イニシエーション・ラブ」

元AKB48の前田敦子と、auのCMにて桃太郎を演じている松田翔太が共演しているサスペンスラブストーリー。松田翔太と、前田敦子の小悪魔チックなやり取りに終始キュンキュンしっぱなしの映画。だが、ただのラブストーリーで終わらないのが、この映画最大の見どころ。ラブストーリーのドキドキと、サスペンスのハラハラを楽しめる一本に。


バレンタインの贈り物に、映画とコーヒーはいかがですか?

美味しいコーヒーと映画を楽しむことで、売上げの一部がワールドシアタープロジェクトの活動に寄付されるコーヒー豆。バレンタインバージョン発売中です。

World Theater Project (NPO法人CATiC)/ Filmeet事業部
拓ける世界をつくる」をミッションに掲げ、カンボジア農村部の子どもたちに、クメール語に吹き替えたアニメ映画を届ける活動を実施。発電機と上映機材を持ち込んで、村の学校や広場で即席の映画館を作っている。
国内では「先進国の人が映画を観たら(楽しんだら)、カンボジアの子どもたちも映画を観られる仕組み作り」を目指し、Filmeet事業部が映画に関するイベントを多数開催。参加費から経費を除いたものをカンボジアの活動への寄付としている。