劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の公開が待てないあなたに!観る前に押さえておきたい3つのポイントをご紹介!

劇場版シリーズの21作目名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)がいよいよ4月に公開!予告編では、かるた大会やテレビ局の爆破事件や平次の婚約者が現れるなど、今作も目が離せない展開!

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

そこで今回「公開まで待てない!」と言う人に、観る前に押さえておきたいポイントを紹介!

コナンの世界に思う存分浸っちゃおう!

1.鍵を握るのは百人一首!?

 

今作は「天空の難破船」以来のラブコメメインのストーリー。

蘭と新一に負けないぐらいファンから人気の、平次と和葉の友達以上、恋人未満のもどかしい関係にも、いよいよ進展が、、!?そして今作では平次の婚約者と言い張る女性も登場!それぞれの想いが交錯する淡い「恋」のストーリーと、“百人一首”を用いた難関「ミステリー」に東西の名探偵が挑む!

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 

2.ゲスト声優には“関西代表”の2人が初挑戦!

 

今作のゲスト声優は、お笑いタレント宮川大輔さんと、女優吉岡里帆さんに決定!今作の舞台が大阪・京都ということで、“関西代表”としてアニメ声優に初挑戦する。2人はそれぞれ関根康史(宮川大輔)、枚本未来(吉岡里帆)役で、共に競技かるた会の皐月会に所属する手練れのかるた選手という役どころ。

コナンや平次が巻き込まれる難事件にも、関わってくる重要人物でもあるので、ぜひ劇場でも注目して欲しい!

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 

3.コナンの主題歌と言えばこの人!倉木麻衣が今作の主題歌を担当!

 

また、『名探偵コナンとのコラボレーションは21回目となる倉木麻衣さんが主題歌を担当!

今作のために書き下ろした渡月橋〜君想ふ〜は、「から紅に染まる渡月橋〜」というフレーズから始まるサビが印象的で、映画の世界観が色濃く反映された楽曲に。

倉木さんは公式サイトで、映画で自分の主題歌が流れた際に、嬉しさと感動で溢れる涙を止められなかったことを告白。「コナンくん作品ならではのドラマチックで美しいストーリーを彩る一曲になったら嬉しく思っています。」

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

いかがだろうか。

今作も、昨年に負けないぐらい話題作になること、間違いなし!

公開まであと少し!観るのがとても楽しみだ!

記事担当:青山 奈津美(あおやま なつみ)

1996年生まれ。茨城出身。慶應義塾大学環境情報学部在学。この春から2年生。株式会社KADOKAWAのウォーカープラスでWEB記事ライターとして活動中。またAIESEC慶應義塾委員会に所属。ワールドシアタープロジェクトでは広報を務めている。