【イベント報告】〈CINEMA KATALO-GUE〉 映画と、お酒と、時々、チャップリン 。-2017.04.15-

映画について語り合うということ

こんにちは!関西ワールドシアタープロジェクトメンバーの落合(おちあい)です!
もう4月も中旬に入り、ぽかぽかと暖かな陽気な今日この頃ですが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

4月15日(土)に関西メンバーによる、映画好き交流イベント
【〈CINEMA KATALO-GUE(シネマカタローグ)映画と、お酒と、時々、チャップリン。〉を開催しました!

Film Bar Wunder(フィルムバー ヴンダー)

今回は大阪にある映画バー(なんと素敵な響き!)
「Film Bar Wunder」様のご協力の下、イベントを開催させていただきました!

地下鉄 長堀橋駅から徒歩1分圏内にある隠れ家的なバー。

店内を開くと、そこには…

映画バーにふさわしい内装が…!

      

店内の至る所に、映画のポスターが貼ってありました。

そして、当然、バーというからには、お酒も沢山ありました!

今日のイベントでは、一体どんなお酒がでるんだろう、と思わず、想像するのが楽しくなりました。

まずは自己紹介から

参加者が集まって、まずは自己紹介から!

実は申し込みの段階で、参加者の皆様に「最近観た映画」という内容でアンケートを取っていました。

名前だけでなくて、自分の最近観た映画を紹介して、どんなジャンルが好きな人なのか、映画を通して、自己紹介をしてもらいました!

普段の自己紹介とは違い、映画好き交流イベントならではの自己紹介。

「最近はこの映画を観て、こういうところがお勧めで~」

と始まるのですが、そこはやはり映画好きの方々。

映画に関しての熱弁や、
「あ、それ見たことある!」という風に話が盛り上がり、
自己紹介が中々終わりません!

      

10分の予定が、30分もかかってしまい、
乾杯が一向に始まらない事態に…

(スタッフは、慌てていましたが、みなさん、乾杯のこと忘れて、ひたすら話を続けてました。)

ちなみに参加者7名の最近観た映画は、

『アシュラ』
『リトルダンサー』
『キングコング』
『ウォールフラワー』
『君の名は。』
『たかが、世界の終わり』
『ドクター・ストレンジ』でした!

ようやく、乾杯!

今回のイベントは、4月15日に開催しました。
4月16日は、世界の喜劇王と言われる、チャーリー・チャップリンが誕生した日!
映画カクテルを作り続けて10年のマスターが、
オリジナルのチャップリンカクテルを用意してくださいました。

マスターによると、『チャーリー・チャップリン』というカクテルは、
普通のバーでも飲めるそうです。ですが、そのほかは、この店だけのオリジナル。
個人的なお勧めは『キッド』ですね!他にも、色々な映画カクテルがあるので、ぜひ行ってみてください。

因みに、右のメニュー表は、マスターが作ってくれました!かわいいですね。

さっそくカタローグ!

今回のイベントの名前にもある、CINEMA KATALO-GUE(シネマカタローグ)〉。

私たちが独自に作った、映画に関するカタログを用意。
そのカタログを使いながら、映画について語るゲームが、このCINEMA KATALO-GUE(シネマカタローグ)〉。

今回のお題は、【2015年/2016年公開の映画で、一番興行収入が多い映画は何か?】。
2人で1チームになり、どの映画を観たか、自分たちの感想を織り交ぜながら、予想してもらいました。

このレポートの読者の皆様もお考え下さい!

それではさっそく第一問です!

第1問:【2015年公開の次の映画を興行収入が多い順番に並べてください!】

『HERO」
『ベイマックス』
『シンデレラ』
『ミニオンズ』
『名探偵コナン業火の向日葵』
『ミッション:インポッシブル-ローグ・ネイション-』
『妖怪ウォッチ-誕生の秘密だニャン-』
『バケモノの子』
『ジュラシック・ワールド』

悩む参加者達。。。
「えー、どっちだろう。。。?」と悩む声がちらほら。

第2問:【2016年公開の次の映画を興行収入が多い順番に並べてください!】

更に、この9タイトルの中には興行収入が2番目に多かった映画が含まれていません!
なので、その映画は何かも当ててください!

『名探偵コナン純黒の悪夢』
『信長協奏曲』
『ペット』
『ファインディングドリー』
『シン・ゴジラ』
『ONEPIECE FILM GOLD』
『ズートピア』
『君の名は。』
『妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』

あーでもない、こーでもない、と言いながら順番を考える参加者達。

そしていざ解答発表となると、
「ほんとに!!?」
「もっとみんな観てるかと思った!!」
というような驚きの声ばかり!

ちなみに私自身もやってみましたが、全然あたってませんでした。。。
是非、皆さんも並び替えてみてください!

最後に

あっという間に2時間経ってしまいイベント終了の時間です。
それでも、みなさんやはり話が尽きず、終わっても話し続ける方ばかり。
みんなが好きな事をみんなで話す、というただそれだけのことを企画しただけですが
本当に濃密な空間だったと実感しております。
「もっと映画観たくなるなぁ」と参加者の方がおっしゃっていたのが非常に印象的でした!
また皆様にお会いできることを楽しみにしておりますので、
次回開催をお楽しみに!

余談ですが、イベントの帰りに僕はさっそく
『タイム』『アメリ』『(500)日のサマー』を借りて帰りました(笑)

参加者の声

20代男性
固い縛りもなく、ゆるく映画のことを話せるので居心地がとても良かった。そして、イベント後から人間関係がスタートしていくようなスタイルも魅力的でした。また参加して、色んな映画人と繋がりたいと思えました。
20代女性
普段できないような映画の話をすることができました。また、新たな出会いもあって、とても楽しかったです。
30代女性
ゲームも楽しかったです。離れて座っていたため、あまり話せてなかった人と組めたので幅広く話せました。
カウンターの席に座った時にチャップリンにちなんだカクテルの話やチャップリンの映画の話もお店の人から聞けたので、それも楽しかったです。

関西支部の次回イベント

次回のWorld Theater Project 関西支部のイベントは

5月21日(土)開催!
~だから映画で国際協力!~わたしもゆめのはいたつにん
詳しくはこちらへ。

記事作成者:関西 World Theater Project / おちあい