Screen Shot Cafe 〜映画『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』について語ろう〜 -2017.7.15.土-

休日のランチタイム、
アフリカ料理レストラン カラバッシュにて
美味しい料理を楽しみながら、
映画『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』について、
楽しく語り合いましょう!

映画『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』
難民キャンプで育った3600人の若者たちを全米各地に移住させる計画、“ロストボーイ”と名付けられた彼らの実話をもとにして作られた物語。

タイトルの由来となる「いちばん優しい嘘」とは、
どんなものだったのでしょう?
彼がついたちょっと悲しいながらも、ほっこりする嘘。

公式サイトURL → http://www.goodlie.jp/

映画から広がる話題を一緒に語り合いませんか?

映画の中で弟がついた“いちばん優しい嘘”について語り合うもよし!
映画の随所で観られる、家族との絆から“家族愛”について語るもよし!
移住先のアメリカでの彼らの成長の姿から人生の転機について語るもよし!
この映画から難民問題について語るもよし!

休日のランチタイム、ちょっとアフリカを感じる時間にしてみませんか?

イベントの後半では当団体の活動についてお話させていただきます!

皆さんは、映画の主人公に憧れて、
「○○になりたい」と思った経験、ありませんか?

当団体では、映画を観られる環境がない地域で暮らす子どもたちへ、移動映画館で映画を届けています。
映画は食料やワクチンのように、生きていく上で絶対に必要なものではありません。
けれども様々な世界へ連れて行ってくれる映画は、
時に生きる目的や、心への栄養を与えてくれるものです。
もしかしたら、その日観た映画が夢のきっかけとなり、人生を切り拓く力を与えてくれるかもしれません。

どうして、私たちが途上国の子どもたちに移動映画館を届けているのかについてお話させていただきます。

ぜひ、お気軽にご参加ください☆

イベント概要

《日時》7月15日(土)12:00〜13:30
《場所》カラバッシュ@浜松町
http://www.calabash.co.jp/
《参加費》飲食代+500円
 ※ご自身が召し上がる飲食代に加えて、500円を参加費としていただきます。
《定員》7名
《参加申し込み》 申し込み締め切り:7月13日(木)

《イベント内容》

①映画「グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜」についてのトークタイム
②World Theater Project 団体紹介

《前回イベントの様子》

本イベントは第二回目の開催になります。前回は、映画『僕たちは世界を変えることができない But, we wanna build a school in Cambodia.』について語り合いました。

【イベント報告】Screen Shot Café 〜映画“僕せか”から見えるカンボジアについて語ろう〜 −2017.05.21−

2017.06.05

⚠︎当イベントでは映画の上映は行いませんので、
ぜひイベントにいらっしゃる前に映画をご覧になってからいらしてください!
⚠︎当イベントは、「グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜」の制作会社や配給会社とは一切関係ございません。

【キャンセルポリシー】
原則、申込後のキャンセルは受け付けておりません。
止むを得ず、キャンセルされる場合はFacebookを通じて主催者に《7月13日》までに必ずご連絡ください。

【主催団体:NPO法人World Theater Project】
2012年9月設立。
「生まれ育った環境に関係なく、子どもたちが夢を持ち人生を切り拓ける世界をつくる」をミッションに掲げ、カンボジア農村部の子どもたちに、クメール語に吹き替えたアニメ映画を届ける活動を実施。発電機と上映機材を持ち込んで、村の学校や広場で即席の映画館を作っている。
国内では「先進国の人が映画を観たら(楽しんだら)、カンボジアの子どもたちも映画を観られる仕組み作り」を目指し、映画に関するイベントを多数開催。参加費から経費を除いたものをカンボジアの活動への寄付としている。
WEB SITE: https://worldtheater-pj.net/
お問い合わせ:fr@worldtheater-pj.net