ワールドシアタープロジェクトYouthチーム発足!参加メンバー募集中!

主に社会人で構成されているワールドシアタープロジェクト。

このたび、学生主体のチーム「WTP Youth」を立ち上げました。

今回は代表を務める大西駿貴さんにYouthについてお伺いしました。

大西駿貴(おおにし・としき)
学習院大学心理学科4年生。World Theater Project代表の、教来石(きょうらいせき)のインタビュー記事を読んだのをきっかけに、2015年よりWorld Theater Projectに参画。2016年夏からカンボジアに駐在し、カンボジア人のみで週に2回程度映画配達が出来るよう、映画配達人のマネジメントに奮闘する。駐在前は、国内にて映画に関するイベントを企画、実行した。

どんな活動をしていますか?

発足したばかりなので、広報活動であったり、イベントの運営や、
最近でいうとグローバルフェスタなどのお手伝いといった内容に限られてきていますが、
自分たちで考えて、できることは全部やっていくぞ、といったようなスタンスなので、
まだまだたくさんできることはあると思っています。

どんなメンバーがいますか?

現状30名ほどのメンバーが所属しており、英語、フランス語、韓国語、中国語、イタリア語、ペルシャ語、タガログ語、タイ語、スペイン語、ラオス語、ドイツ語、ポルトガル語、アラビア語で交流できるという国際的な高校生、大学生が集まっています。

どんなメンバーと一緒に活動していきたいですか?

映画好きとか、国際協力に関心がありますとか、そういうメンバーが多いんじゃないかなって思われがちなのですが、決してそんなことはなく、自分でワクワクすることをしたいとか、仲間と何か楽しいことしたいとか、そういう気持ちがある人に参加してもらいたくて、それが結果的に途上国の子どもたちのためになっていることを実感してもらいたいと思っています。

純粋無垢な子どもたちを楽しませるためにも、まずは自分たちが一番楽しまないと本気で楽しんでもらえないと思うんです。

だから、参加メンバーにスキルは求めてないです。僕もまだまだですし、むしろ多種多様なメンバーが集まれば集まるほど、今想像できないような活動が生まれる可能性があると思っています。

これからの活動や目標について教えてください

今年度中にメンバーを500人まで増やすことを目標にしています。

全国各地の大学や高校で支部を作って、色んな地域で色んなメンバーが活動について話し合い、それぞれが新しいことに挑戦していく、そんな体制を作っていきたいと思っています。とにかくワクワクしながら活動していくことが大事だと思っています。結果、それが途上国の子どもたちのためになったら本当に素敵だと思うんです。

そしてこれからワールドシアタープロジェクトもどんどん大きくなっていき、新しい国での挑戦も始まります。もちろん僕たちもそうですが、参加してもらうメンバーには、誇りを持って「ここで活動している!」と家族や友人に話してもらえるような、そんな素敵なチームを作っていきたいと思っています。ワクワクしたい人、何かに挑戦したい学生さんを心よりお待ちしています!

大西さんありがとうございました。WTP Youthはまだまだ結成されたばかり、一緒にワクワクしながら活動をしてくれるメンバーを募集しています!
生まれ育った環境に関係なく子どもたちが夢を持ち人生を切り拓ける世界をつくるために引き続きワールドシアタープロジェクトを宜しく御願い致します!

問い合わせ先

ワールドシアタープロジェクトYouthに参加したい!と思った方は、以下からお気軽にお問い合わせ下さい!!