【映画メシコラム】優しいチョコをスパイスに。みんなを笑顔にした極上メシ とは。

チョコレートが届けてくれたのは?

古くからの慣習に支配された小さな村に、可愛らしい「チョコレート屋さん」をオープンしたヴィアンヌ。村の慣習に合わない“変わり者”と噂されても、どんな偏見にも立ち向かう彼女が、人々の心にチョコと共に届けたのは、ぬくもりと希望でした。

映画『ショコラ』からの再現 映画メシ!

ヴィアンヌのチョコをきっかけに、孤独への苦しみから心を開いた老婆は、誕生日パーティーを開いてほしいと頼みます。

そのパーティーで誰もがその美味しさにうなった一品

「ラムチョップのグリル チョコレートソースがけ」を再現しました。

Photo by katomaki
Special Thanks to Food Unit GOCHISO

こんがり焼いたお肉の上にかけるのは、チョコレートソース。映画の中でも、テーブルに運ばれた瞬間、村人たちは不思議そうな顔を浮かべていましたが、実は相性抜群なんです!ラムチョップの塩味に濃厚なチョコソースの甘味とコクが加わり、より旨みを引き立てます。こだわりのソースには、チョコレートだけでなく、じっくり煮詰めた玉ねぎや赤ワインも入っているので、舌の上でより一層深みが増すことでしょう。

こんな素敵なお料理の他にも、彼女のお店には美味しいチョコレートがたくさん。逆境に負けず大繁盛するお店と共に、村にも慣習から解き放たれた自由が訪れます。彼女の強さと優しさ、自由の素晴らしさを教えてもらえる映画『ショコラ』。観終わった後には、心はとっても満たされますが、お腹がペコペコになります。今すぐ食べたくなること間違いなしです!

記事作成者

足立茉里奈
1996年生まれ。大阪府出身。立教大学現代心理学部映像身体学科在学中。
趣味は映画鑑賞。特技はピアノ・ドラム演奏。2016年5月よりWorld Theater Project、映画イベントFilmeet事業部に参画。