新連載!【ぶらりミニシアターめぐり】川越スカラ座へ

こんにちは!ワールドシアタープロジェクト支援自販機設置の活動を担当している門平亮です。

◆WTP支援自販機設置の詳細はこちら

自販機の紹介活動をする中で、ミニシアターへ訪れる機会が多くあります。関東だけでも個性的なシアターさんが沢山あり、少しでも魅力を知ってほしいと思い、新連載「ぶらりミニシアターめぐり」をスタートすることとなりました。ネットで調べれば情報は何でも得られる時代なのでゆる~い記事でゆる~く続けていきたいと思っておりますので、皆様気長によろしくお願いします!

さて、最初にご紹介するのは川越市にあります「川越スカラ座」さんです。

とっても味のある外観。実は100年以上の歴史があるんです。1905年に寄席としてスタートし、何度か改名し1963年に「川越スカラ座」と名付けられました。2007年5月に1度閉館したものの、なんと同年8月に復活を果たし、現在も厳選映画を上映中。川越の情緒ある町並みに古くから溶け込んでいる歴史あるミニシアターです。

近辺をぶらり歩いていると、川越の至るところに看板を見かけます。街全体でスカラ座を大事にしているんだな~と感じられます。

最新設備の大スクリーンで見る映画も良いですがアナログレコードを楽しむようにレトロな雰囲気で歴史を感じながら映画を観るのも良いかもしれませんね!

川越の街をぶらりしてスカラ座で映画を観て帰る休日なんていかがでしょうか?

◆川越スカラ座公式サイトはこちら

記事作成者

門平亮(かどひらりょう)
東京キリンビバレッジ株式会社勤務。大の映画好きがきっかけでワールドシアタープロジェクトに参画し支援自販機設置を担当。
好きな映画は、「E・T」、「おくりびと」。最近見てよかった映画は「百円の恋」。好きな俳優は本木雅弘氏