【イベント報告:北陸】北陸版映画遠足 Vol.4 ~映画『汚れたダイヤモンド』~ -2018.1.21-

今更ながら、新年あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします!

早速ですが、World Theater Project 北陸の2018年最初のイベントは、『映画遠足!』

◎映画遠足とは?・・・参加者みんなで“映画館で”映画を観て、その後、お店に場所を移して映画の話をする!というシンプルなイベントです。

もはや、イベントと言えるのか?ぐらいのラフなものですw

今回の会場は、シネモンドさん!

さて、前回12月15日の映画遠足は、イオンシネマ金沢フォーラスさんに行きました!

今回は、北陸唯一のミニシアター『シネモンド』さんに行きました!金沢の中心部、香林坊にあります。街の中心部に映画館があると、そのあと、買い物などできたりするので、非常に便利ですよね。

そして、今回の映画はこちら:『汚れたダイヤモンド』

新鋭・アルチュール・アラリの初作品、フランスの映画監督であるレオス・カラックス以来の衝撃と言われる、フランスの新たな才能ある監督が現れた、と揶揄されるほどの監督なのです。

レオス・カラックスはフランスの映画監督・脚本家である。パリ近郊のシュレンヌ出身。 カラックスは同年代にデビューしたジャン=ジャック・ベネックス、リュック・ベッソンとともに「恐るべき子供たち」「BBC」と呼ばれ、ヌーヴェル・ヴァーグ以後のフランス映画界に「新しい波」をもたらした。

作品自体は、あるダイヤモンド商家(一族)にまつわる、家族・親族をテーマにした映画。古典である『ハムレット』の要素も作品にちりばめた、とよくPRされています。ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、それとも中間なのか、この映画の落としどころ、というか、伝えたいものはなんなのか、観る前から期待が高まります♪

上映が始まる前に

上映が始まる前に、他の公開予定の作品のチラシなど読んでました。

本編上映前のいろんな映画の予告編やこういうチラシも興味そそるものばかりですよね~。次の映画遠足や個人的に興味のある作品を参加者の方と一緒に話しながら、選んでました!

上映開始!

映画遠足は、みんなで一緒に映画を観るとはいえ、各々観たい席の位置は違うだろう、ということで、一人一人がその作品を最大限楽しめるように、みんなで固まって座る、ということはしません(笑)事前にチケットを各自購入の上、自由に座ってもらいます~!

上映後…

上映後、シネモンドさんの前で撮影!その後、カフェへ場所を移しました!

約1時間ほど、この映画について、どう思ったか?この作品の監督はどんな人?

あの役の人がめっちゃ良かったよね~。あの時に彼はなぜあの行動をしたのか?などなど、映画の作品から、ダイヤモンドの流通の話、ドイツ・フランスの文化の話など、『映画』というテーマから派生して、いろんなことを話しました!

個人的にはヨーロッパ映画の独特な雰囲気(観終わった後に考えさせる要素が多い)が好きで、かつ、ドイツ語が分かるので、ドイツ語などヨーロッパ言語がきけるのが、楽しみ(ちょっと楽しみ方独特かもしれませんが)

映画もトークも満足!と参加者の方からもコメント頂きました。一緒に映画を観る!って普段自分が観ないような映画も観ることになるので、世界が広がるなと思います!

みなさん、ご参加ありがとうございました!

次回の映画遠足

次回の映画遠足は、2018年2月18日(日)@ユナイテッドシネマ金沢。

映画『5パーセントの奇跡 ~嘘から始める素敵な人生~』

今回は初のユナイテッドシネマ金沢さん、ぜひ、ご参加くださいませ!

◎映画遠足は、World Theater Project 北陸がWTPの映画関連事業『Filmeet』の一環で行っています。北陸支部は、映画好きコミュニティ『北陸シネマ倶楽部』を立ち上げて、定期的に映画遠足を行っています。徐々にメンバーが増えていってます。興味はある方は、北陸シネマ倶楽部(Facebook グループ)を覗いてみてください⇒北陸シネマ倶楽部

World Theater Project 北陸 / 北陸シネマ倶楽部 管理人
金原 竜生