World Theater Project 北陸 1周年記念イベント ~『映画の妖精 フィルとムー』上映&トークライブ『映画のチカラ』

2017年4月にWorld Theater Projectの北陸支部ができました。

日本海側で初のWTPの支部、

2017年度は

イベント開催、12回
累計参加者、94人になりました。
また、嬉しいことに、
ギフトシネマ会員に5人も加わってくれました。

映画を使った先進的な取り組みということで、
北國新聞、北陸中日新聞、毎日新聞、金沢経済新聞、中国新聞、高知新聞、また、MRO北陸放送/ニュース『レオスタ』での取り上げもされ、多くの方にご協力いただきました!

多くの方に応援され、今年度もさらに勢いを増していきたいと思いますが、一周年!ということで、
World Theater Project 北陸 1周年記念イベントやっちゃいます~!

今回は、

ニューヨーク国際児童映画祭・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にノミネートされた、
①WTPオリジナルクレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』上映
(北陸地方、初めての上映!)
※景品アリのクイズ大会も開催予定!

②WTP代表理事 教来石 小織が東京から金沢へ、
講演会『フィルとムーがもたらす可能性』

③代表理事 教来石 x 北陸支部代表 金原が自分たちの好きな映画を紹介しながら、『映画のチカラ』をテーマに、トークライブ!
(+懇談会の予定)

豪華3本立ての内容をお届けします!
さらには、ここでしか購入できないフィルとムーの限定オリジナルグッズも用意する予定です!

WTPを知っている人も、知らない人も、
ぜひ、みなさん、ご興味あれば、お越しくださいませ!

<開催概要>

■日時:2018年5月20日(日)
14時~17時(受付開始:13時30分)
※途中参加・途中退場は可能です!

■会場:金沢学生のまち市民交流館・交流ホール
石川県金沢市片町2丁目5−17

■参加費:
大人        :1,500円
大学生・高校生   :1,000円
中学生・小学生   : 800円
幼児(3歳~6歳) : 500円
※幼児未満は無料となります。
※学生料金の場合は、学生証の提示が必要となります。
(参加者1名に対して、途上国の子ども1人が映画を観ることができます。その他は、本イベントの開催費用に使用されます。)

■定員:30名
(申込〆切:2018年5月12日23:59)

■申込:下記申込フォームから申し込みください。

■イベント内容
①映画上映
~オリジナルクレイアニメ映画『映画の妖精フィルとムー』~
※14時15分頃上映予定
②教来石 小織 講演会『フィルとムーがもたらす可能性』
③トークライブ『映画のチカラ』
④イベント参加者による懇親会

■アクセス
北陸鉄道バスで
「片町」下車徒歩2分
「片町中央通」下車徒歩5分

【交流ホールの行き方】
・片町きらら方面から入って、すぐ右にある建物です。
・学生のまち市民交流館の本館からの場合、建物沿いに沿って進んだ後に、左手になります。
(本館から入れませんので、ご注意ください)

◆オリジナルクレイアニメ映画『映画の妖精フィルとムー』紹介
【あらすじ】
廃墟でひとりぼっちで暮らしているフィル。その表情はどこか寂しげである。
そんなフィルの前に突然映写機が現れ、カタカタと鳴るフィルムロールの音とともに古いフィルム映像が映し出される。突如現れたムーによってスクリーンのなかに誘われるフィル。フィルとムーの旅が始まる。
世界の子どもたちのためにつくられた短編クレイアニメーション。

上映時間  8分
公 開   2017年10月(日本)
言 語   なし

◆ゲスト紹介
教来石 小織(きょうらいせき・さおり)

NPO法人 World Theater Project 代表理事。2012年より途上国の子ども達への移動映画館活動を開始。団体として約5万人の子ども達に映画を届けてきた。日本武道館で行われた夢AWARD5で優勝。WOWOW「映画工房」のサポートを受けたクラウドファンディングで支援を集め、世界中の子ども達に上映可能なクレイアニメ映画『映画の妖精 フィルとムー(秦俊子監督)』を製作。各国の映画祭で上映される。著書に『ゆめの はいたつにん』(センジュ出版)。

==========================================
主催団体:World Theater Project 北陸
2012年9月に設立したNPO法人 World Theater Projectの北陸支部。「生まれ育った環境に関係なく、子どもたちが夢を持ち人生を切り拓ける世界をつくる」をミッションに掲げ、カンボジア農村部の子どもたちに、クメール語に吹き替えたアニメ映画を届ける活動を実施。発電機と上映機材を持ち込んで、村の学校や広場で即席の映画館を作っている。国内では「先進国の人が映画を観たら(楽しんだら)、カンボジアの子どもたちも映画を観られる仕組み作り」を目指し、映画に関するイベントを多数開催。参加費から経費を除いたものをカンボジアの活動への寄付としている。
北陸では、金沢を中心に、活動報告会、映画上映、映画関連イベントを行い、支援者などの呼びかけを行っている。