DigiCon6 ASIA様より作品を無償貸与!

カンボジアなど発展途上国の子どもたちに移動映画館で映画を楽しむ喜びを届ける運動を展開しているNPO法人「World Theater Project」(東京・中央区、理事長:教来石小織)(以下、WTP)は、アジア13の国・地域が参加して、今年20回を迎える短編映像コンテスト「DigiCon6 ASIA」を主催するTBSとの間で、DigiCon6 ASIAの優秀作品を無償で貸与いただくことで合意しました。

詳細はこちらから→http://www.tbs.co.jp/digicon/info/201804181400.html

今回、ご提供いただく作品は6点で、1年間にわたりWTPがカンボジアを中心に展開する各地の上映会で利用させていただく予定です。DigiCon6 ASIAは、アジアの若手クリエイターらが応募するコンテストですが、自らの作品が同じアジアの子どもたちに楽しみを提供し役立つとあって、今回の無償提供については快諾を得ています。また、上映作品の収集を続けているWTPも、映像と音声だけで展開するアニメーションが多いDigiCon6 ASIAの作品が言葉の壁を乗り越えやすいとあって、活用しやすいと期待を寄せています。TBSは、DigiCon6 ASIAを通じて、アジアの作品を募集・審査し、顕彰するだけでなく、作品の持つ力を活かして、より多くの人々に、アジアの若手クリエイターの思いを伝える上映のチャンス拡大を今後もめざしてゆく考えです。

○DigiCon6 ASIAとは2000年にスタート。アジアの優れた若手クリエイターを応援することを目的として、株式会社 東京放送ホールディングスが主催する映像フェスティバル。短編映像作品のコンテスト『DigiCon6 ASIA』開催、及び日本国内外で作品上映会とセミナー・懇親会、ワークショップ、講演会等を実施している。現在『DigiCon6 ASIA』には、日本、中国・台湾、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、インド、インドネシア、ベトナム、カンボジア、スリランカの13の国と地域が参加。
http://www.tbs.co.jp/digicon/

○World Theater Projectとは
2012年設立、「生まれ育った環境に関係なく子ども達が人生を切り拓ける世界をつくる」という理念のもと、途上国の子ども達に移動映画館で映画を届ける活動を行っている。カンボジアを始めとする映画館のない農村部の学校や村の広場などに上映機材を持ち込み即席の映画館を作り、これまでに5万人を超える子どもたちに上映会を開催してきた。
https://worldtheater-pj.net/