WTP youth自己紹介(山口稀良梨)

大学生、高校生の若いメンバーで構成されるWTP youth。メンバーたちに、なぜWTPに入ったのかなどインタビューを実施しました。
今回の回答者はWTP youth関東大学支部の山口稀良梨(やまぐち・きらり)です。

名前:山口稀良梨/ YAMAGUCHI KIRARI
支部名:関東大学支部
学校:横浜市立大学
学年:2年
好きな映画:RENT

――なぜWTPに入ったのですか?
芸術作品を通して教養を育む活動をしたいと思ってNPOを探していました。

――好きな映画はなんですか?
私はミュージカル作品が好きで、RENTに出てくるSeasons of loveを聞いた時は、とても感動しました。またこの作品は様々な社会問題を題材にしていて、舞台で上映されたのちに実社会に大きな影響を及ぼした素敵な物語だと思っています。

――映画にはどんな力があると思いますか?
映画を観ると非日常的な体験を疑似体験できる、主人公に感情移入したりして知らなかった心情を知ることができる。そうやって間接的な経験を積んで少し成長できるのかなと思います。

――WTPユースの中で何を成し遂げたいですか?ユースを卒業するまでに、どんな自分になっていたいでしょう?
芸術作品の力を多くの人に体験して欲しい、それを伝えられる人間になりたいと思います。