未来のミライ公開記念、細田守監督特集!①

未来のミライ公開記念、細田守監督特集!

猛暑の今夏、出来る限り涼しく楽しく過ごしたいですよね~
そんなときに最適な場所、それは映画館!!
現在公開中の作品の中でも「未来のミライ」はおすすめです☆
本作含め沢山の素敵な作品を世に出してくれている細田守監督について簡単にご紹介

役者起用

細田監督はご自身の作品に多く役者さんを声優として起用されています。
理由としては「技術でお芝居するのではなく、存在感、人間性などで表現してもらえる方を求めたときにそういうキャスティングになる」とのこと。
あくまでもオーディションの結果役者さんを選んでいる傾向にあるようです。
この意見には是枝監督も同意されています。(是枝監督も声を重視してキャスティングされているそうです)
また細田監督は収録時、お芝居のバランスを考えキャストを一堂に集めて録るというこだわりがあるようで人気の声優さんのスケジュール調整は難しく、押さえるのが困難のため起用しづらくなっている理由の一つだそうです。

詳しくはSWITCH Vol.34 No.9 (2016年08月20日発売)

© Switch Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.
※現在発売中Vol.36 No.8、バックナンバーVol.30 No.8、Vol.33 No.7も細田監督特集されています

スタジオジブリ就職試験

中学生時代「銀河鉄道999」や「ルパン三世カリオストロの城」を見てアニメーションの世界に強く惹かれるようになり、高校生の時には角川映画「少年ケニヤ」のアニメーターに応募し見事合格!しかし学業優先の為、断念されました。その後、金沢美術工芸大学に進学し、映画サークルに在籍し実写映画を50本以上製作していたそうです。
大学卒業後、スタジオジブリを受験し、最終選考に残るも結果は不採用。
その際、宮崎駿監督より直筆のお手紙をいただいたそうです。
その内容は「自分の思うように作品を作る方が君には向いている」だったとのこと。
このエピソードがいかに嘘だと言われてもそのお手紙は本人にとって大事なものの為、誰にも絶対に見せないそうです。
シューイチ 7月15日放送より

スタジオ地図

「おおかみこどもの雨と雪」制作時にアニメーション映画制作会社を立ち上げられました。
「アニメーションの可能性というフロンティアに向かって、大海原に船出した冒険者たちのような挑戦していく精神や、まだ誰も見たことのない映画という新大陸を見つけて、新しい地図を描いていきたい」という哲学の基細田監督が名付けられたそうです。(HP:http://www.studio-chizu.jp/抜粋)
またロゴマークには飛翔感や躍動感を表現しており、細田監督の「映画は沢山の人たちが集う公園と同じく公共のものであるべき」という哲学を持っており、書体は新聞や多くの書籍に使われる明朝体でデザインされているそうです。


(C) CHIZU,Inc. All Rights Reserved.

細田監督作品の魅力

制作会社に込められている哲学からも見て取れるように、監督の作品は様々の年代の人が観てそれぞれの観点から様々なことを感じることが出来、楽しむことが出来る作品ばかりです。
個人的な見解ですが、テーマに共通しているのは「家族」のように思います。
どんな人間も母親と父親がいるからこそ存在しており、多くの人が一番初めに知る人間関係は家族からではないでしょうか。
監督はどの作品でも、登場人物たちを家族のように見守り、その一方辛い別れや経験をさせます。
辛い経験や別れがあってこそ登場人物は成長し未来に向かって進んでいく。
現実社会でも楽しいことより辛いことやしんどいことにばかり目が向いてしまうことがありますが、それを越えたからこそ見える世界や視点があるのだと教えてくれる気がします。
そして限られた時間を精一杯生きることの尊さを感じます。

   

©「時をかける少女」製作委員会2006
©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会
©2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS
©2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

暑い夏、家族や大切な人と一緒に、もしくは彼らを想って細田監督作品を観るのはいかがでしょう??
公開中の「未来のミライ」と併せて涼しいお部屋で是非過去作品も観てみていただきたいです!
別の熱さが訪れますが、きっと爽快感も得られるはずです☆

細田守監督の作品特集コラム『未来のミライ公開記念、細田守監督特集!②』

記事作成者:司彩子(つかさあやこ)