【連載】 マーベル女子が語るMCUの魅力 vol.7 『アイアンマン3』

〈前回記事はこちらから→ 【連載】マーベル女子が語るMCUの魅力 vol.6『アベンジャーズ』

こんにちは!
World Theater Projectの さき です。

前回の投稿では『アベンジャーズ』が紹介され、スーパーヒーローたちが大集結しましたね!!
ここからはいよいよフェイズ2として、世界の危機を救ったヒーローたちのその後のストーリーが描かれます。

フェイズ2の第1作目はこちら…

『アイアンマン3』(2013)

© 2013 – Marvel

監督 シェーン・ブラック
脚本 ドリュー・ピアース
シェーン・ブラック
出演 ロバート・ダウニー・Jr.
グウィネス・パルトロー
ドン・チードル
ガイ・ピアース
ベン・キングズレー 他

あらすじ
スーパーヒーローで編成された部隊アベンジャーズの一員として戦い、地球と人類を滅亡の危機から救ったアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。だが、アメリカ政府はスーパーヒーローが国の防衛を担うことを危険視するようになり、それを契機に彼はアイアンマンの新型スーツを開発することに没頭していく。そんな中、正体不明の敵によってスターク邸が破壊され、これまでのアイアンマンが全て爆破されてしまう。何もかも失ったスタークだが、人並み外れた頭脳を武器に孤独な戦いに挑む。(シネマ・トゥデイより)

見どころ① 『アベンジャーズ』その後のトニー

『アイアンマン3』は、前作『アベンジャーズ』から1年経った頃の話です。

あらすじにもあるように、トニーは新型スーツの開発に没頭する毎日。
心身ともに疲れ切った彼は、ニューヨークでの戦闘を思い出すとパニック発作を起こしてしまいます。

© 2013 – Marvel

シリーズ1であれほど高慢だったトニーを思い起こすと、こんなに弱気な一面があるなんてと驚かされます。そんな彼を支えるのは、やはり恋人ペッパーの存在なのです。

トニーの人間性の変化にも是非注目してみてください!

見どころ② 謎多き敵マンダリン

今作でアイアンマンが立ち向かうのは、各地で爆破テロを起こしアメリカ全土を恐怖に陥れる集団テンリングスのリーダー・マンダリンです。

© 2013 – Marvel

実はこのテンリングスは『アイアンマン1』でトニーを襲ったテロ組織で、彼が平和のためにアイアンマンとして活躍し始めるきっかけでもあります。そのため、これを率いるマンダリンはトニーにとっての宿敵といってもよいでしょう。

しかし、マンダリンは所在も正体も謎に包まれたまま…

果たしてトニーはマンダリンを見つけ出し、宿敵を倒すことができるのか?!
そしてマンダリンの正体とは如何に?!

見どころ③ たくさんのアイアンマン?!

アベンジャーズでの戦いを終え、パワードスーツの開発を繰り返していたトニー。
『アベンジャーズ』の時点で7代目(マーク7)だったスーツですが、『アイアンマン3』ではなんとマーク42に!

© 2013 – Marvel

開発を重ねるうちにスーツは遠隔操作や人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャーヴィス)による操作が可能になります。そんな新感覚なアイアンマンの活躍にも注目です!

そして、活躍するのはマーク42だけではないのです。

1年の間で生まれたマーク8~41は「アイアン・リージョン」として戦闘に参加します!

© 2013 – Marvel

「アイアン・リージョン」の戦闘シーンは観ていて圧巻です!!
それぞれのスーツの異なった特徴に注目するのも楽しみの1つかもしれませんね♪

さらにさらに、『アイアンマン2』でローディが装着していたウォーマシンはアイアン・パトリオットに進化します。

© 2013 – Marvel

これには「トニーのような個人ではなく政府管轄のヒーローが市民を守るべきだ」という世論を受け、アメリカ政府が計画を進めたという背景があります。アイアン・パトリオットが星条旗カラーなのも、それが理由なんですね!

エンドクレジット後

ストーリーの冒頭から終わりにかけて、トニーはこの一連の出来事を誰かに語りかけているようでした。その相手というのが…

© 2013 – Marvel

ブルース・バナー博士 (ハルク)だったのです。この関係から前作『アベンジャーズ』からの繋がりが伺えますね♪

緊張感たっぷりだったストーリーも最後にはほっこりさせてくれます。

そして、このシーンの終わりには

“Tony Stark will return”

の文字が!

これはアイアンマンが『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)に参加することを示唆しています。

今後のアイアンマンの活躍も楽しみです!!

次回は…

MCU次回の作品は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

『アベンジャーズ』で地球征服を目論んだ義弟ロキと兄ソーの、その後の関係が気になるところですね。

次回の投稿をお楽しみに♪

記事作成者
World Theater Project 関西支部 / 新山 沙樹