[Madagascar]CINEMA PROJECT SEMAMA ANTANIMALANDY – ZOVA an kids

ZOVA an kidsを立ち上げた郡山文さんからのコメント

1月に実施した映画館のレポートです。
今回は、私がいたころからちょくちょく一緒に活動してきた、聾学校での開催となりました。

特に学校の先生がコメントでくださった、ZOVAの活動により、子供達がより学校へくるという感想がわたしにとっては涙ものです。

マダガスカルではまだまだ障害者への理解は低く、親も家の中に閉じ込めて外へ出さなかったり、学校自体の信頼も得られにくいこともあり、あの学校へ通うことのできている障害をもった子供達は、全体のほんのわずかなのです。

だからこそ、子供達が学校に通い続けること。そしてそんな子供達をみて周囲の理解が進むことを切に願うばかりです。

Mahajanga, Madagascar
DATE 2019/03/01

  〈SEMAMA is a school for people with disabilities, located in Antanimalandy, about 7 kilometers from the center of the city of Mahajanga.
  The school is offering special education for special kids with hearing, sight and other physical conditions, this together with just normal kids as the main reason to what the school stands for is “inclusion”. Zova has been for years partner with them to give a helping hand and offer the kids at the school the best the association
could.
  This time it was the first time, the association decided to bring Cinema Project to the school. It was more of a challenge for the association because CINEMA is for the audio and visual experience and feelings. Still ZOVA in cooperation with SEMAMA did believe that the movies we use can also be presented to deaf kids. Many of our
movies are much more visual than audio. 〉

・date :2019 01 27
・place:Antanimalandy, SEMAMA “MAMPIATY”School
・number of members: 6 (Safidy, Ony, Stan, Tahiry, Joella, Carl)
・number of kids:36
・age of kids :4~16 years old
・films:「3 little pigs」「Grasshopper and the Ant」「Old Umbrella」
・time schedule:
  14:30 Arrival at the School, Meeting with the teachers for
   presentation of the schedule.
  15:00 Preparation of the room inside the Activity building
  15:15 Introduction of team and the activity, with the help with
   the teachers translating in sign language to the deaf
   children.
  15:30 – 16:45 Projection of 3 movies together with some
   explanation and Q&A sessions.
  16:45 – 17:15 Outside activity with games and competitions.
  17:15 Photo session and closing of the activities with the Kids
  17:30 Heading back to town

  This time, we experienced that it was important to spend much time talking to kids about the movie and what they understood from it as it was challenging in their condition. We are so thankful for the help that the teachers from the schools has provided, our member knew almost nothing about sign language so it was a really good opportunity for us to also learn something back. The exchange that took place was very warming in the heart.

  The kids followed throughout the different activities with great interest and it was not a bad experience at all to watch movies together with them. Only because of the timing we could not followed our original schedule to watch 5 short movies but only three and used the necessary time watching and re-watching the three movies all over.

Impressions:
• Cinthia, School kid at SEMAMA Non hearing Section
It is important to know and to think about the end in everything we do. Just like the and who was working hard to gather food before the cold came.
・impressions about activities: I love competition especially when I win in the end.

• Madame Nivo, Teacher at SEMAMA
“We teacher at SEMAMA are very happy for the partnership with ZOVA because since the association satrted visiting us, the kids were become more eager to attend school. Zova brought us different activities such as Dance, Origami, Drawing and now CINEMA. We noticed that the kids would not want to miss school because it is always a good surprise for them when ZOVA was coming for a visit.”

日本語訳

 SEMAMAはMahajangaから7kmのAntanimalandyにある、障がい者支援学校です。
 聴覚、視覚または身体に障がいを持つ子供に加えて、インクルージョンの観点からいわゆる健常者の子供たちも一緒に通っています。ZOVAは数年来のパートナーとしてこのSEMAMAの子供たちをサポートしてきました。
 今回は、初めて映画を使った活動をすることに挑戦しました。基本的に映画は視聴覚で楽しむコンテンツなので大きなチャレンジでしたが、より視覚的なコンテンツを上映することで聴覚障がい者にも受け入れられるだろうと考え実行しました。

日時:2019年1月27日
場所:Antanimalandy, SEMAMA PAMPIATY SCHOOL
参加スタッフ: Saridy, Ony, Stan, Tahiry, Joella, Carl
参加した子供: 36名
参加者年齢: 4-16歳
上映作品:「3 little pigs」「Grasshopper and the Ant」「Old Umbrella」

スケジュールは以下の通り
  14:30~ 学校着、学校職員とミーティング
  15:00~ 上映部屋の準備
  15:15~ 学校職員の手話を介しながらのメンバー紹介
  15:30~ 3タイトルを上映
  16:45~ 屋外活動
  17:15~ 記念撮影、クロージング

 聴覚のハードルがあるために、映画の説明を丁寧にすることが大切であることを体感しました。我々メンバーは殆ど手話の経験がなかったために、学校職員の方々に教えて頂きながら少しずつ手話を学びました。双方にとって学ぶ機会があった点は良い経験でした。
 日頃から様々な活動に興味を持ちまい進する子供たちにとって映画を観るという体験も選択肢であることが分かりました。元々5タイトルを上映する予定でしたがスケジュールの都合で3タイトルになってしまった点だけが残念でした。

・感想
Cinthia (聴覚障がいを持つ生徒)
寒さが来る前に食料を蓄えておくように、ゴールを考えて行動することが大切だと学びました。
特に屋外の活動で、最後ゲームに勝てたことが印象に残っています。

Nivo(SEMAMA職員)
ZOVAの参画から子供たちがより熱意を持って通学するようになり、このパートナーシップを嬉しく思っています。これまでもダンス、折り紙や絵描きを共に活動して頂き、今回は映画にも挑戦しました。ZOVAが来るときは必ず楽しいサプライズがあるので子供たちの通学意欲も特に高まることが分かりました。