2019年GW【スタディツアー報告 中編】〜カンボジア 映画配達人を体験しよう!〜

こんにちは!チョムリアップスオー!
World Theater Projectでスタディツアーを担当している川口です!

ゴールデンウィークにて、Peace in Tour様の協力のもとスタディツアーが開催されました!

今回はスタディツアーの中編をお届けします!

 

 

村の小学校へ映画を配達 3日目 (2019/04/30)

 

午前の部:映画上映(小学校にて)

マイクロバスに乗ってホテルから小学校へ向かいます!

バスの中では、一人で緊張していました。
子どもたちと仲良く遊べるかな。映画楽しんでくれるかな。ワークショップ一緒に取り組んでくれるかな。

たくさんの不安を感じながら、バスの中で子どもたちと簡単な会話ができるようにクメール語(カンボジアの公用語)のフレーズを何個か覚えました。

 

9:00に小学校に到着!

マイクロバスから小学校の様子を見てみました。
たくさんの子どもたちが校庭で遊んでいて、みんなとっても元気!!

大きい校舎は3棟ほどあり、校庭には花壇にきれいなお花が咲いていました。

マイクロバスを降りると、子どもたちが近寄ってきました。
近寄ってくる子どもたちの笑顔がとってもかわいい!

カンボジアの小学校では、午前に来る生徒と午後に来る生徒が異なります。
よって、映画の上映も午前と午後でそれぞれ行いました。

午前の部では、音楽のワークショップと映画『ハルのふえ』を上映しました!

まず、ワークショップを行う前に、参加者の皆さんが一言ずつ自己紹介!

「スゥオースダィ(訳:こんにちは!)!クニョムチュモッミノリ(訳:私の名前はみのりです)」

かろうじて伝わったかな?と思ったら、
子どもたちが「ミ、ノ、リ!」と大きな声で呼んでくれました!

自己紹介の後は、音楽のワークショップをしました。

ワークショップを通して、子どもたちとすぐに打ち解け合うことができました!
音楽はやっぱり世界共通の言語であると実感しました。

映画上映前の少しの空き時間で子どもたちと交流!

ボール、フリスビー、大縄などなど
参加者の皆さんが日本から持ってきた道具でたくさん遊びました。

 

そしてついに、映画上映です!
映画配達人と教室にスクリーンとプロジェクターを設置しました。

午前の部では、『ハルのふえ』を上映!
映画はクメール語(カンボジアの公用語)に吹き替えされています!

あらすじは、森の動物たちと暮らしていた男の子パルが音楽家になることを目指して奮闘するというもの。
この映画はなんとアンパンマンで知られるやなせたかし先生の原作がもとになっています!

上映が始まると、さっきまで外で元気よく遊んでいた子どもたちは、シーンとなって真剣に映画を見始めました。

面白い場面では笑いがおきました。とっても楽しそう!
私と同じところで子どもたちも笑ってくれてちょっと安心しました。

この映画を通して、少しでも音楽に興味を持ってくれたかな…。

 

お昼休憩

午前の部を終えてから、小学校の校長先生にご挨拶へ!
楽器、石鹸、筆記用具、洋服などを寄付しました。

そして、参加者の皆さんと映画配達人、現地スタッフの皆さんと教室でお弁当を食べました!

お昼を食べている時から子どもたちがちらほら教室に出入りしており、お昼休憩のときも子どもたちと仲良く遊びました!

教室での遊びは、主に折り紙が人気でした。みんな折り紙に興味津々!!
教室の後ろでは、紙飛行機が飛び交っていました笑

 

午後の部:映画上映(小学校にて)

午後の部では、映画『フィルとムー』と映画『パンダコパンダ』の上映とソーマトロープで遊ぶワークショップをしました!

簡単にクメール語で自己紹介をして、すぐに上映開始!
(何回か自己紹介を経験すると、スラスラとクメール語のフレーズが口から出てくるようになります笑)

まずは映画『フィルとムー』を上映!
この映画は、世界中の子どもたちに映画を届けるために作られました!
とても短い作品であるため、初めて映画を見る子どもたちにぴったり!

上映2作目の映画『パンダコパンダ』は、
明るくて元気な女の子がパンダの親子といろいろな事件を起こしながら、一緒に仲良く暮らすお話です。ドキドキしながらも、とてもほっこりする物語です!
女の子とパンダのやりとりに子どもたちは大笑いしていました笑

上映後は、ソーマトロープのワークショップです。
子どもたちが自由にソーマトロープの絵に塗り絵をしていきます。

楽しそうに色を塗る子どもたち。
集中力がすごい!塗り絵をするのが好きみたいです!
参加者の皆さんも子どもたちと一緒に塗り絵をして、見せ合いっこしました!

たくさんのソーマトロープが完成!

表裏の絵をくるくる回すことで残像が残り、一つの絵に見えるソーマトロープ。
子どもたちにくるくる回してもらい、どのように見えるか体験!

今日見た映画はこんな風に絵がつながることでできるんだよ。
少しでもアニメーションの原型の仕組みが伝わったかな…。

教室には冷房機器などはありません!
唯一涼しくしてくれるのは、ドアと窓から入ってくる風だけ。
教室内は外にいるように暑かったです。
立っているだけで汗をかく…!
子どもたちはみんなこの環境で勉強をしているのかと驚きました。

だから、
ソーマトロープが最終的にうちわになってしまったのはしょうがない!笑

 

最後に子どもたちと写真撮影!
みんなとてもいい笑顔を見せてくれました!
子どもたちの人懐っこさに囲まれてとても幸せな気分になりました。

昼間だけの滞在でしたが、子どもたちとすぐに仲良くなることができました。
帰りのときに見送ってくれる子どもたちも!
別れるのがとても悲しくなりました…。
今日見た映画やワークショップが子どもたちの将来のためになりますように。
そう願いながら、小学校を出発しました。

 

平成最後の夜

この日の夜は自由夕食でした。

自由行動のはずでしたが、平成最後のディナーということで、参加者の皆さん全員でレストランに行くことにしました!

今回食事したレストランはとってもおしゃれなところ!
料理もとても美味しく、お腹が満たされました。

そして、日本時間の0時にはしっかり令和になる瞬間を祝いました笑
※カンボジアと日本の時差は2時間です

カウントダウンはもちろんクメール語で!
「バイ、ピー、ムォイ(訳:3、2、1)」

次の日の令和初日も映画上映しに行きます!

 

(続きは後編へ)